北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ストーンサークルの殺人」M・W・クレイヴン著、東野さやか訳

公開日: 更新日:

 ブラッドショーがホテルのバーで酔っぱらいに絡まれるシーンがある。ブラッドショーは窓のそばの席に座り、ノートPCでゲームをしていた。そこに男たちが絡んできて、1人が彼女の口にビールの瓶を押しつける。中身が彼女のTシャツにこぼれると男たちは笑いだす。ポーを呼びにきたバーテンダーが「警察を呼びましょうか」と言うが、「おれにまかせてくれ」とポーは彼らに近寄っていく。このあとがいい。

「ブラッドショーは見た目こそ小柄で弱々しく見えるが――鋼鉄の心の持ち主だ。泣いてもいないし、大声で助けを呼んでもいない。男3人に敢然と立ち向かっている」

 ブラッドショーは16歳でオックスフォード大学の学位を取ったほどの天才的頭脳の持ち主だが、一般常識に疎く、極端な人見知り。国家犯罪対策庁のポーと一緒に仕事をするようになって、少しずつ外部と接触を持つようになったという経緯がある。見た目は弱々しいが、鋼鉄の心の持ち主なのだ。そういうヒロインがここにいる。

 次々に焼死体が発見される事件を、刑事ポーと分析官ブラッドショーがコンビを組んで解決していくシリーズの第1作だが、この異色のヒロインの魅力があふれているのがいい。さらに、構成が群を抜いているのでどんどん物語に引き込まれていく。まことに楽しみなシリーズの開幕といっていい。

 2019年の英国推理作家協会賞最優秀長編賞の受賞作だ。

 (早川書房 1180円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る

人気キーワード