「信州・諏訪湖連続殺人 人情刑事・道原伝吉」梓林太郎著

公開日: 更新日:

 松本署管内で、5歳の智則が保護された。刑事の道原らは、8日前に姿を消した智則の母親・未砂子の行方を捜す。32歳の未砂子は、離婚後、智則を一人で育てていたようだ。

 智則はピアノの個人レッスンを受けていたようだが、講師が誰だか分からない。道原らが母子の家を調べると、ベッドの下から1億5000万円の入ったトランクが出てくる。やがて、金は諏訪市に住む精密機器メーカー創業者の息子で元夫の古屋が慰謝料として未砂子に渡したものだと分かる。未砂子には兄と妹がいるが、17歳で出奔した兄・哲哉の所在は分からない。

 数日後、異臭騒ぎがあった空き家で未砂子の遺体が見つかる。検視の結果、首つり自殺を装った他殺と判明する。

 人気旅情ミステリーシリーズ最新作。

(徳間書店 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  8. 8

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る

人気キーワード