「出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記」宮崎伸治著

公開日: 更新日:

 E出版の社長から、超特急の翻訳の依頼があった。著者の外国人は人間的にはまったく信頼できないが、金儲けがうまいから本を売ってくれるのではないかと言う。支払い条件は1冊で150万円、全額前払い! 下訳なら引き受けたくないので、「翻訳者として私の名前は表紙に載るんですよね」と尋ねると、「そんなの当たり前じゃないか」との返事。社長から著者に確認したとの連絡があって、数日後、150万円が振り込まれた。

 ところが、口頭での約束では、初版の売れ残りは原著者が引き取るということだったのに、社長のもとに売れ残った分だけ「印刷費用で買い取る」というFAXが……。

 出版界のあまりのでたらめさに燃え尽きた翻訳家の憤怒の日記。

(三五館シンシャ 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード