「騙(かた)る」黒川博行著

公開日: 更新日:

「アートワース」は売れない芸術家の作品を紹介して掲載料を取る、ちょっといかがわしい美術雑誌だ。編集長の佐保は、近代抽象彫刻の大家、楢沢知也の遺族から、楢沢の遺品のコレクションを処分したいという依頼の手紙を受け取った。未亡人は入院中で、会ったのは姪の宮前邦子とその妹だ。

 見せられた作品はレプリカだったが、佐保は楢沢の作品のマケット(縮小模型)に目を付けた。邦子はオークションに出したいと言うが、佐保は画廊や美術商に売るように勧めた。そのほうが落札価格を邦子に知らせずにすむからだ。佐保はギャラリーはなむらに1点70万円で売り込むが……。(「マケット」)

 美術界に蠢く人びとを描くミステリー6編。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る

人気キーワード