中山七里 ドクター・デスの再臨

1961年、岐阜県生まれ。2009年「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。本作は「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「ハーメルンの誘拐魔」「ドクター・デスの遺産」「カインの傲慢 」に続く、シリーズ第6弾。

<93>被害者2人の腕に残った注射痕はそっくり

公開日: 更新日:
イラスト・大野博美

 長山瑞穂の事件は三月十五日、岸真理恵の事件は同月二十九日に発生している。この点は捜査会議でも容疑者特定の条件として挙げられていた一つだ。

「十五日も二十九日も同じ曜日です」

「組んだシフトで病院を休み、その日に被害者宅…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る

人気キーワード