「サラリーマン生態100年史」パオロ・マッツァリーノ著

公開日: 更新日:

 新聞や雑誌、映画などを参照し、時代によって変わるサラリーマンの生態を描く面白エッセー。

 何人もの愛人を囲っていた渋沢栄一のように、かつては愛人がいるのが出世した男のステータスとされていた時代があった。

 明治の新聞「萬朝報」には、有名人の愛人を調査公表する連載まであった。可能にしていたのが今とは比べものにならない社長たちの高所得だった。戦後、一流企業の社長の給料は戦前の4分の1以下となり、経費で愛人のお手当を落とそうとするやからまで出てきた。交際費が大幅に認められるようになったのも理由だ。

 その他、マイホームやギャンブル、通勤地獄、新入社員気質まで、さまざまな角度からサラリーマン文化・会社文化の変遷を分析する。 (KADOKAWA 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る

人気キーワード