「エリートの転身」高杉良著

公開日:  更新日:

 昭和36年に日興證券に入社した神田は、30代で本店営業本部次長に昇進、さらに立川支店支店長へと同期のトップを走り続け、将来の社長候補と目されてきた。しかし、顧客の立場よりも手数料収入をまず考える会社の体質に疑問を抱き、退職の機会をうかがう。

 そんな折、本店時代の部下が不祥事を起こし懲戒解雇になり、神田も辞表を出す。カカオメーカーを経営する義父のスカウトを断った神田は、思い付きで高級チョコレートを作る職人になると宣言。退職金を利用して、スイスのチョコレート工場で20代の若者に交じって修業を始める。(表題作)

 転職や左遷など、エリートサラリーマン4人の転機を描くノンフィクションノベル。(KADOKAWA 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る