「古代エジプト人の24時間」ドナルド・P・ライアン著 市川恵里訳 大城道則日本語版監修

公開日: 更新日:

 古代エジプトでは日没から次の日没までを1日とし、昼12時間、夜12時間に分けた。1日は真夜中から始まる。

 夜の第7時(0時~午前1時)、メリトの陣痛が始まった。伯母のウェレトは呪文を唱え、家庭の守り神ベス神と、多産の女神ヘケトの像を持ってきて飾った。

 やがて生まれた男の子は、良いもの、美しいものを表す「ネフェル」と名付けられた。

 夜の第9時(午前2~3時)、ミイラ職人のハプネセプのもとに遺体が運び込まれた。

 ハプネセプは左脇腹に開けられた切れ目に手を入れてはらわたを出そうとした。心臓は人の存在と知性の中心だから、出さずにそのまま残した。

 古代エジプト人の一日をリアルに紹介する。

(河出書房新社 2530円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  2. 2

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  3. 3

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  9. 9

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る

人気キーワード