「シャムのサムライ 山田長政」幡大介著

公開日: 更新日:

 江戸時代初め、山田仁左衛門(長政)は、江戸で駿河の大名、大久保忠佐に駕籠(かご)かきとして仕えていた。

 ある日の夕暮れ、忠佐の駕籠を黒覆面の男たちが襲った。長政は倒れた徒士侍の刀を取り、男たちに斬りつけ、忠佐を守った。だが、それが江戸府内での抜刀を禁じた法に触れ、忠佐に指示されて江戸から逃げ出す。

 長崎から船に乗り、シャムに向かった。シャムの首都はメナム河を9日間も遡った地にあった。当時、シャムは熱病で正気を失った王が世継ぎの親王を殺してしまったため、後継者がいなくなって混乱していた。

 シャムで王家の娘と結婚し、王の信頼を得て総督となり、日本とタイの国交樹立に尽力した山田長政の生涯を描く歴史小説。

(実業之日本社 2640円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る

人気キーワード