中華街が舞台の家族史ドキュメンタリー

公開日: 更新日:

「華のスミカ」

 米中対立が激化の一途という報道に、ふと、むかし横浜っ子の先輩に聞いた中華街の話を思い出した。およそ300軒もの中華料理店の並ぶあの街は、かつて「大陸派」と「台湾派」に分かれて互いに反目していたというのだ。

 まさにその話を一種の“家族史ドキュメンタリー”にしたのが、今月下旬に封切り予定の「華のスミカ」である。

 監督の林隆太は横浜生まれの華僑4世。しかし15歳になるまで父が中国人だったことを知らず、むしろ当時は漠然と中国嫌いだったという。それがふとしたことで、自身も日本育ちの父が少年時代、紅衛兵の姿で毛沢東語録を振りかざしていたことを知る。そこから父や祖母、伯父、さらに父の恩師や「台湾派」を率いた地元の古老にまで取材を広げて製作したのが本作である。

 もっともそんな話で連想されるような暗い記憶やアイデンティティーの葛藤といった事柄に話は向かわない。本作がユニークなのは、中国に行ったこともない日本国籍の父がそれでも自分を「中国人だ」という姿を前に、あっけにとられる監督自身の驚きを無防備なほどあるがままにさらした点だろう。

 世界各地の中華街を調査してまわった山下清海「世界のチャイナタウンの形成と変容」(明石書店 5060円)によると、近年の各地の中華街は中台ばかりでなく、東南アジアのインドシナ系華人らの移住などで大きく変化し、ニューヨークの中華街では「新興の香港系、福州系、ベトナム系の華人ギャンググループのなわばり争い」も起こっているという。

 最近では香港の住人流出も止まらず、横浜中華街も古くからの世代が後継者難で廃業する一方、大陸から来た新華僑の進出がめだつ。そろそろ30代を終える監督には、家族史と現代史がさらに深く切り結ぶ次作を期待したい。 <生井英考>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声