「生皮」井上荒野著

公開日: 更新日:

 動物病院に看護師として勤める26歳の咲歩は、子どもの頃から物語を書くのが好きで、カルチャーセンターの小説講座を受講。人気講師・月島光一に筋がよいと褒められ、目をかけられるようになっていた。ところが講座の後の酒席ではいつも月島の隣に座らされ、誘いもある。違和感と師に対する尊敬のはざまで揺れる咲歩に、月島は肉体関係を迫る。

 7年後、週刊誌に「カリスマ講師・月島が性暴力」との記事が掲載される。告発者は咲歩だ。受講生を作家デビューさせ、芥川賞作家まで送り出しマスコミの注目を集めていた月島は、一転、追われる日々になる。なぜ、今ごろ咲歩は告発したのか。俺たち2人は「小説的関係」ではなかったのか──。

 本書は、人気男性講師が起こしたセクハラを軸に、被害者と加害者の意識のズレを描いた長編小説。咲歩、月島、それぞれの家族、受講者仲間らの目線で事件が語られるが、臆測と偏見で事実がこうも歪められるのか、と背筋が寒くなるほどだ。性被害を作り出す空気感までをも描き出し、加害の一端を担うのは誰なのか考えさせられる。

(朝日新聞出版 1980円)

【連載】週末に読みたいこの1冊

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う