「遺伝学者、レイシストに反論する」アダム・ラザフォード著 小林由香利訳

公開日: 更新日:

 アメリカでたびたび起こる黒人への差別問題。理解しがたいと感じる人でも、人種への偏った思い込みを持っている人は少なくない。

 例えば、昨年の東京五輪。陸上競技の短距離種目やマラソンのトップを独占する黒人アスリートを見て、人種のおかげで成功を収めていると思ったことはないだろうか。本書では多くの人が持つ人種に対する固定観念を、遺伝学という切り口で覆している。

 現代における黒人アスリートの活躍を説明しようとするとき、アメリカで引き合いに出されるのが奴隷制だ。強さとパワーは奴隷となった男女に望ましい特質であり、所有者による計画繁殖という歴史もあった。またそうした性質を備えた人々は長く雇われ報酬を与えられた。その結果、より長生きして子供ももうけた。こうした不自然な選択が、遺伝子の優勢を増したというものだ。

 しかし、優れた身体能力が自然ではない選択によって進化してきたという考え方には問題があると本書。

 進化という点では2、3世紀は長い期間とは言えず、意図的な選択の結果、これらの遺伝子が定着するには不十分と言える。また奴隷制に基づく経済は画一化されたものではなく、例えば南部の農業の大半を占めた綿花栽培では求められる熟練度が高かったことから、パワーのある働き手は必ずしも必要ではなかった。まして、奴隷に望ましいとされるパワーは走ることよりも重量挙げの方がはるかにうってつけなのに、この競技で優勢なのは東欧勢だ。

「ユダヤ人は金儲けがうまい」など、肉体だけでなく知能に関わる固定観念も遺伝学で覆していく本書。人種への偏った思い込みは、やがて差別にもつながりかねないことを教えてくれる。

(フィルムアート社 2200円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!