アカデミー3冠も不発 「それでも夜は明ける」苦戦の理由

公開日:  更新日:

 米アカデミー賞のナンバーワン映画なのに、イマイチ盛り上がらない。

 7日に封切りした第86回アカデミー作品賞受賞作「それでも夜は明ける」。日本での公開は受賞発表から5日後と絶好のタイミングだったが、全国の上映スクリーン数は少なく(59館)、公開時期が重なったドラえもん最新作の6分の1程度。脚色賞、助演女優賞にも輝いたアカデミー賞3冠なのに、寂しいお披露目になっているのだ。

「黒人の奴隷制度を描いた社会派。娯楽映画ほど集客が狙えないこともありますが、日本の洋画人気は衰退したまま。大々的にPRしないのがいい証拠で、アカデミーで3冠獲得といっても昔ほどブランド力や集客力はありません」(映画関係者)

■ポイントは「白人批判ではない描き方」

「テーマは重い。それでも見る価値のある一本です」というのは、映画批評家の前田有一氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る