響・長友の食道楽「この体形だといつ死ぬか分からないから」

公開日:  更新日:

 オカッパ頭にパツパツのセーラー服、その下から腹がチラ見え…。「ミツコ」キャラのコントでブレークした長友光弘さん(36)は、お笑いコンビ・響のボケ担当。趣味は「外食」と胸を張る。自宅近くの恵比寿エリアには“行きつけ”の店が点在。グルメ番組を見てはメモを取り実際に出かける。おかげで一時、40キロ減量した体重は着実に増加中だ。

「“行きつけ”の店は焼き肉が3軒、魚系居酒屋も3軒、ラーメン屋とパスタ屋は2ケタ…。19歳で上京したころから自炊なしで、いまだにほぼ外食です。

■絶品! サンマご飯

 とりわけ、家の近くの恵比寿界隈(かいわい)は、人に聞いたり自分で飛び込んだりしてずいぶん開拓しましたね~。一番気に入ってるのは北海道料理の『花まんまじゃが』。ここのサンマご飯(秋のみ提供)は絶品です! 1匹ずつ土鍋に入れて炊いて、身をほぐしてショウガを混ぜて『いただきま~す』。味噌漬けのホッケもムチャムチャうまくて、夜に行ってわざわざ定食を作ってもらうこともあります。ラサール石井さんに教えてもらった一軒です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る