同じ顔が各局に…仕込みインタビューで視聴者欺く民放TV

公開日: 更新日:

 民放の午後~夕方のニュースでは街頭インタビューが頻繁に映されるが、この“一般人”でネットで話題になっている女性がいる。

 ASKAが釈放された日に「更生していい曲を届けてね」なんて、ある民放の番組でコメントしていた小太りの一般女性、実は数年前、酒井法子の裁判の時には「彼女のそばにいたいので裁判所のそばにいます」と神妙に答え、押尾学の際も「マナブの10年来のファンで」とインタビューを受けていたのだ。

 インタビューマニアで常にマスコミの周りをうろついているのか? と思いきや、ASKAが保釈された日、他局のニュース番組で女性リポーターがひとりで話していた画面に、テレビスタッフらしい男と話すその女性が映ってしまっていた!これらは証拠画像がネットに出ている。

“ファンだと嘘をついてまでインタビューに答えたい一般人”という可能性はゼロではないが、スタッフと打ち合わせしてたのか? と勘繰りたくなる。ネットでは“またこの人、インタビューに出てる!”“通行人芸人”と噂されているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  7. 7

    “つまらない男”野上農水相の面の皮 鶏卵汚職処分で嘘答弁

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  10. 10

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

もっと見る