俳優・小野寺昭さん 25歳デビューの役は「丸刈り高校生」

公開日: 更新日:

「太陽にほえろ!」の“殿下”役で愛され、その後も「毎度おさわがせします」や2時間ドラマで活躍してきた小野寺昭さん。現在は大阪芸術大学短期大学部で芝居を教える教授としても活躍中だ。

 ボクの正式なデビューは「太陽にほえろ!」が始まる3年前の69年。ポーラテレビ小説「パンとあこがれ」というTBSの“昼ドラ”でした。その時、25歳。なのに、丸刈りの高校生の役でね。童顔だったんでしょうねえ。

「パンとあこがれ」はスタジオドラマ。当時は、スタジオに4、5台のカメラを設置して、役者が通して演じるのを複数のカメラで同時に、カット割りしながら撮る、マルチ撮影という撮影方式でした。カメラさんやマイクさんはこのシーンはどのカメラで撮るのか、アップか、全体か、とかが書かれた“カット割り台本”を渡される。でも、役者には渡されない。だから、役者は演じていながら、いつどこを撮られているのかわからず、撮られていないのに一生懸命演じたり、逆に撮られているのに、セリフがないから気を抜いていてNG、なんてことが起こるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る