俳優・小野寺昭さん 25歳デビューの役は「丸刈り高校生」

公開日:  更新日:

「太陽にほえろ!」の“殿下”役で愛され、その後も「毎度おさわがせします」や2時間ドラマで活躍してきた小野寺昭さん。現在は大阪芸術大学短期大学部で芝居を教える教授としても活躍中だ。

 ボクの正式なデビューは「太陽にほえろ!」が始まる3年前の69年。ポーラテレビ小説「パンとあこがれ」というTBSの“昼ドラ”でした。その時、25歳。なのに、丸刈りの高校生の役でね。童顔だったんでしょうねえ。

「パンとあこがれ」はスタジオドラマ。当時は、スタジオに4、5台のカメラを設置して、役者が通して演じるのを複数のカメラで同時に、カット割りしながら撮る、マルチ撮影という撮影方式でした。カメラさんやマイクさんはこのシーンはどのカメラで撮るのか、アップか、全体か、とかが書かれた“カット割り台本”を渡される。でも、役者には渡されない。だから、役者は演じていながら、いつどこを撮られているのかわからず、撮られていないのに一生懸命演じたり、逆に撮られているのに、セリフがないから気を抜いていてNG、なんてことが起こるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る