俳優・小野寺昭さん 25歳デビューの役は「丸刈り高校生」

公開日:  更新日:

「太陽にほえろ!」の“殿下”役で愛され、その後も「毎度おさわがせします」や2時間ドラマで活躍してきた小野寺昭さん。現在は大阪芸術大学短期大学部で芝居を教える教授としても活躍中だ。

 ボクの正式なデビューは「太陽にほえろ!」が始まる3年前の69年。ポーラテレビ小説「パンとあこがれ」というTBSの“昼ドラ”でした。その時、25歳。なのに、丸刈りの高校生の役でね。童顔だったんでしょうねえ。

「パンとあこがれ」はスタジオドラマ。当時は、スタジオに4、5台のカメラを設置して、役者が通して演じるのを複数のカメラで同時に、カット割りしながら撮る、マルチ撮影という撮影方式でした。カメラさんやマイクさんはこのシーンはどのカメラで撮るのか、アップか、全体か、とかが書かれた“カット割り台本”を渡される。でも、役者には渡されない。だから、役者は演じていながら、いつどこを撮られているのかわからず、撮られていないのに一生懸命演じたり、逆に撮られているのに、セリフがないから気を抜いていてNG、なんてことが起こるわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る