あのオスマン・サンコン 長男の名は「ヨンコン」だった!?

公開日: 更新日:

 エボラ出血熱の拡大が懸念されるギニアは、日本の芸能界と実は無縁ではない。かつて、現役の大使館員でありながらタレントとして人気を誇ったオスマン・サンコン氏の生まれ故郷なのだ。

 サンコン氏の第1夫人は日本人で、2人の間に生まれた長男は日本でDJになった。名前は“DJヨンコン”。サンコンの息子で、ヨンコンだ。一時は音楽コミックユニット「笑連隊」に属し、レゲエCDも出した。

「ヨンコンはいい子、とてもいい子。いま、30歳。応援してくださ~い」(サンコン氏)

 サンコン氏を訪ねると、歯をむき出しにして教えてくれた。ただ、芸能界は甘くはない。

「実はDJは1年半前にやめました。いまアルバイトをしながら、タレントを目指してます」(ヨンコン氏)

 父のアフリカ支援活動も手伝いつつ、再スタートを切ったばかり。芸名は“ヨンコン勇”に変えるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る