あのオスマン・サンコン 長男の名は「ヨンコン」だった!?

公開日:  更新日:

 エボラ出血熱の拡大が懸念されるギニアは、日本の芸能界と実は無縁ではない。かつて、現役の大使館員でありながらタレントとして人気を誇ったオスマン・サンコン氏の生まれ故郷なのだ。

 サンコン氏の第1夫人は日本人で、2人の間に生まれた長男は日本でDJになった。名前は“DJヨンコン”。サンコンの息子で、ヨンコンだ。一時は音楽コミックユニット「笑連隊」に属し、レゲエCDも出した。

「ヨンコンはいい子、とてもいい子。いま、30歳。応援してくださ~い」(サンコン氏)

 サンコン氏を訪ねると、歯をむき出しにして教えてくれた。ただ、芸能界は甘くはない。

「実はDJは1年半前にやめました。いまアルバイトをしながら、タレントを目指してます」(ヨンコン氏)

 父のアフリカ支援活動も手伝いつつ、再スタートを切ったばかり。芸名は“ヨンコン勇”に変えるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る