• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評論家も太鼓判押す 映画「猿の惑星:新世紀」大人の鑑賞法

「猿の惑星」(68年、米)といえば、自由の女神像のラストシーンの衝撃が忘れられないSF映画の古典。だがその内容は奥深く、公民権運動の真っただ中だった当時の米国社会の差別構造を暗喩しているといった、さまざまな解釈がなされる社会派としても評価が高い名作だ。

 現在公開中の映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(131分、米)は、そんな名作のリブートとなる新シリーズ最新作。平凡なリメークや続編ばかりと揶揄される最近のハリウッド映画だが、「この新・猿の惑星シリーズの評価はすこぶる高く、しかもこの2作目は1作目よりよく出来ている」と太鼓判を押すのは映画批評家の前田有一氏だ。

 舞台は近未来のサンフランシスコ。ウイルスにより絶滅寸前の人間が、進化した猿たちと森で遭遇、一触即発となるストーリー。

 パッと見、リアルなCGと激しいアクションが売りの娯楽作だが、「旧作同様、裏テーマをはらんでおり大人も見ごたえ十分。具体的には猿と人間の物語、すなわち共存から対立、やがて破滅的な戦争に至る流れが、現実の人間社会の比喩となっている。米国とイスラム国、イスラエルとパレスチナ、あるいは日本と中国。今起きているどの国際紛争にも当てはまる“戦争の発生原理”を指摘する本作は、見栄えだけのSF大作ではありません。旧シリーズの社会派精神をしっかりと受け継いでいる。伝統的にハリウッドと政治の距離は近く、政権内部に参加する映画会社幹部すら存在してきました。本作のように時事性、社会性ゆたかな娯楽作品こそ、世界に冠たるハリウッド映画最大の強みといえるでしょう」(前田氏)。

 同作は口コミで評判が広がり、15億円を超える興収が見込まれている。思考が深まる秋の夜長におすすめの一作だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る