有楽町「日劇」閉館決定 洋画最大話題作“封切り”の行方は?

公開日:  更新日:

 都心の映画館の分布図があと数年で大きく変わろうとしている。戦前から日本映画界の代表的な映画館であった日劇(現TOHOシネマズ日劇)が2018年に閉館すると決まったのだ。同年、近隣の日比谷地区に大型シネコンができることに伴う閉館だという。

 日劇は“日本劇場”の名称のとおり、今に至るも映画興行界の最上級映画館だ。立地の良さや劇場の風格もさることながら、とくに洋画の場合、普段から映画界の最大話題作が率先してここで上映されるのが原則。まず日劇の公開が決まり、全国のシネコンなどの上映館が順に決まっていく。

 その日劇がなくなると洋画の番組編成の形が大きく様変わりする。一番の話題作はこれから一体どこがメーンになって上映されるのか。順当に考えれば、日比谷の新シネコンと思われる。

 だが、都内はほとんどの映画館がシネコンになるのでほぼ横並び。メーンをどこにもってくるのかは配給会社の思惑もからみ、本当にケース・バイ・ケースになってしまう。そんな編成になってしまえば必然的に一番の話題作となる映画の“ヒエラルキー”が消滅するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る