有楽町「日劇」閉館決定 洋画最大話題作“封切り”の行方は?

公開日:  更新日:

 都心の映画館の分布図があと数年で大きく変わろうとしている。戦前から日本映画界の代表的な映画館であった日劇(現TOHOシネマズ日劇)が2018年に閉館すると決まったのだ。同年、近隣の日比谷地区に大型シネコンができることに伴う閉館だという。

 日劇は“日本劇場”の名称のとおり、今に至るも映画興行界の最上級映画館だ。立地の良さや劇場の風格もさることながら、とくに洋画の場合、普段から映画界の最大話題作が率先してここで上映されるのが原則。まず日劇の公開が決まり、全国のシネコンなどの上映館が順に決まっていく。

 その日劇がなくなると洋画の番組編成の形が大きく様変わりする。一番の話題作はこれから一体どこがメーンになって上映されるのか。順当に考えれば、日比谷の新シネコンと思われる。

 だが、都内はほとんどの映画館がシネコンになるのでほぼ横並び。メーンをどこにもってくるのかは配給会社の思惑もからみ、本当にケース・バイ・ケースになってしまう。そんな編成になってしまえば必然的に一番の話題作となる映画の“ヒエラルキー”が消滅するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る