第一生命太っ腹支援も 代表選考は「東京マラソン」だけになる

公開日:  更新日:

 かつてはメダル有望種目として注目を集めたマラソンの五輪、世界選手権の国内選考レースが岐路に立たされている。

 マラソンの名門としても知られる第一生命は昨2日、新たに国内のレースを協賛すると発表。北は北海道から南は熊本まで15大会のスポンサーを務める。大会当日はマラソン教室などのイベントを行い、会場内にブースを設けて自社の保険商品の販促につなげる狙いもあるのだろう。

 同社関係者によれば、協賛レースは地方も含めた大都市で開催され、出場者数が1万~2万人規模の大会を中心に選んだという。

 スポンサーになるなら、宣伝効果の高い大きなレースを協賛するのは当然だが、今や五輪の選考レースに指定されている大会ですらスポンサー企業からは厳しい目が向けられているという。日本のマラソンは男女とも国際舞台で低迷し、国内レースですらアフリカ勢の後塵を拝している。そのため、五輪や世界選手権の選考条件に派遣標準記録の他に「日本人1位」という曖昧な規定も含まれているほどだ。各大会とも日本人選手のタイムは低調で、ファンの関心も低下していることから、撤退を検討するスポンサー企業は少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る