• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

木9枠も終了…専門家が分析する「ドラマのTBS」衰退理由

「ドラマのTBS」が崩壊寸前――。今春の改編で長寿人気番組「水戸黄門」を生み出した月曜20時台のドラマ枠が消滅したのに続き、10月期からは木曜21時のドラマ枠までもがバラエティー番組に“宗旨変え”するという。この秋からプライム帯(19~23時)に放送するTBSの連ドラは、のべ2減の3作品。日本テレビ、フジテレビより“品数”が少なくなる。

 消滅の決め手は、直近3作品の低視聴率にほかならない。今クールの大島優子(26)主演「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます」、その前の田中麗奈(35)主演「美しき罠~残花繚乱~」ともに平均視聴率が6%台と、及第点とされる2ケタには遠く及ばず。平均視聴率が3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と民放連続ドラマで今世紀最低記録を更新してしまった川口春奈(20)主演の「夫のカノジョ」(13年10月期)以降、お客が戻ってきていないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る