• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あの落合GMジュニアも成長 フクシくんの“ヤンチャ伝説”

 中日ドラゴンズ・落合博満GMの息子・福嗣(28)が21日、東京・秋葉原で行われたニンテンドー3DS専用ソフト「プロ野球 ファミスタ リターンズ」の発売記念イベントに登場。ゲーム内のオリジナルチーム“ナムコスターズ”への入団トライアウトという設定で、185センチの巨体を“ナムコスターズ”の赤いユニホームに包み、ファミスタのピッチャーが投げる120キロの球に挑戦した。

 フクシ君こと福嗣は現在、大手声優事務所・青二プロダクションのジュニアタレント所属の声優。「プロ野球 ファミスタ リターンズ」のプロモーションビデオのナレーションと、シリーズの人気選手・ピノ役の声を務めた。小学校3年から16歳まで野球をしていたが、この日のイベントのために、父・博満と一緒に5回もバッティングセンターに行き、初めて野球の指導を受けたという。

「イベントではホームランは出なかったものの、ヒット性の当たりが出た。フクシ君は高校を出てから一度もバットを握ったことがなかったというから、血筋か、父の教えが良かったのか(笑い)。いずれにしろ、イベントのために1カ月半、週3回ペースでバッティング練習をしたというから、真面目に仕事に取り組んでいるのは間違いない」(雑誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事