麻生久美子、緑川静香も壮絶体験…第2次“貧乏ブーム”到来か

公開日:  更新日:

 芸能界に第2次貧乏ブームが到来か。かつては「ホームレス中学生」の田村裕や“大家族アイドル”の上原美優などが貧乏ネタで話題を振りまいたが、11年に上原が謎の自殺を遂げてから、貧乏ネタは封印された感があった。しかし、最近、またまた子供時代の貧乏話を告白する芸能人が増えている。

 例えば、モデルのアン・ミカ(43)。家が2度も火事に遭ってしまったため、他人が住むアパートの2階の4畳半に家族7人で暮らしていた。主な食料は傷んで売り物にならなくなったフルーツ。近くの青果市場からもらっていたが、さすがにスイカは“高級品”だったそうで、いつもスイカの種をしゃぶって、その味を思い出していたという。

 女優の麻生久美子(37)も同様で、着る服がなくて登下校はいつも体操着。食べ物は母がパートしていたマクドナルドから持ち帰る、売れ残りのパンがほとんどでザリガニを食べたこともあるとか。タレントの相沢まき(35)は「雨漏りのするトタン屋根の家に住んでいたため、雨の日は雨がっぱを着て寝た」とか「主食は父親が釣ってくるフナだった」などと告白している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る