• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ「サイレーン」主演 松坂桃李が静かに語った“役者魂”

 20代実力派イケメン俳優の代表格――松坂桃李(27)が、プライム帯での連ドラ初主演作品「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系火曜21時~、初回〈20日〉のみ2時間SP。制作は関西テレビ)に挑む。男女の恋愛に加え、本格的なアクションを織り交ぜた異色の刑事サスペンスドラマだ。

「アクションも派手にやり、体を張って役に臨みたいです」――。丁寧に言葉を紡ぎながら話す様子から内に秘めた自信をうかがわせる。「モーニング」(講談社)で今年1月まで連載していた同名の人気コミックが原作。松坂演じる主人公・里見偲は警視庁機動捜査隊員で毎回、体を張るシーンも少なくない。

 刑事モノは特番ドラマ「リバース~警視庁捜査一課チームZ~」(13年)以来2作目だというが、「リバースでは“捜一”の中でも特殊捜査班だったので、いわゆる刑事役は今回が初めて。しかもバディ(2人組の主人公が活躍)の設定なので、また違った緊張感があります。好きな刑事モノですか? 映画だったら『セブン』。ブラッド・ピットのカッコよさがたまらなかった。(自分も)ブラピを目指せたらいいですね。物凄いハードルが高くなってますが(苦笑い)」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る