ドラマ「サイレーン」主演 松坂桃李が静かに語った“役者魂”

公開日: 更新日:

 20代実力派イケメン俳優の代表格――松坂桃李(27)が、プライム帯での連ドラ初主演作品「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(フジテレビ系火曜21時~、初回〈20日〉のみ2時間SP。制作は関西テレビ)に挑む。男女の恋愛に加え、本格的なアクションを織り交ぜた異色の刑事サスペンスドラマだ。

「アクションも派手にやり、体を張って役に臨みたいです」――。丁寧に言葉を紡ぎながら話す様子から内に秘めた自信をうかがわせる。「モーニング」(講談社)で今年1月まで連載していた同名の人気コミックが原作。松坂演じる主人公・里見偲は警視庁機動捜査隊員で毎回、体を張るシーンも少なくない。

 刑事モノは特番ドラマ「リバース~警視庁捜査一課チームZ~」(13年)以来2作目だというが、「リバースでは“捜一”の中でも特殊捜査班だったので、いわゆる刑事役は今回が初めて。しかもバディ(2人組の主人公が活躍)の設定なので、また違った緊張感があります。好きな刑事モノですか? 映画だったら『セブン』。ブラッド・ピットのカッコよさがたまらなかった。(自分も)ブラピを目指せたらいいですね。物凄いハードルが高くなってますが(苦笑い)」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る