フジ “秋の新番組”も壊滅…月9やバラエティーの凋落著しく

公開日:  更新日:

 視聴率の長期低迷にあえいでいるフジテレビ。今秋も複数の新番組を投入してテコ入れに必死だが、ビデオリサーチ「週間高世帯視聴率番組10(集計期間10月12日~18日)」の数字からも、厳しい現状がくっきりだ。

 とりわけ、バラエティー番組ひしめく娯楽番組部門は壊滅的だ。10月からスタートした新番組「巷のリアルTVカミングアウト!」(16日)や「人生のパイセンTV」(18日)を含め、ベスト10にフジのバラエティー番組は1本もなし。

 黄金時代、平均視聴率20%以上(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を連発していた「めちゃ×2イケてるッ!」もいまや1ケタ台の常連で、出口が見えない状況だ。かわって、日本テレビが1位から4位を占め、独走状態に入っている。

 ドラマ部門では、月9ドラマ「5→9・私に恋したお坊さん」第1話(12日)が12.6%で7位と健闘したように見えるが、1位のNHK朝ドラ「あさが来た」23.1%、続くテレビ朝日「相棒シーズン14」18.4%、TBS「下町ロケット」16.1%に大きく水を開けられた。“月9ブランド”も今は昔、といった感である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る