青山真治
著者のコラム一覧
青山真治映画監督

2000年「EUREKA(ユリイカ)」がカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をダブル受賞。その後も「私立探偵濱マイク・名前のない森」「こおろぎ」「東京公園」など国際映画祭に多数出品。小説家としても「ユリイカ」で三島由紀夫賞を受賞。11年からは舞台演出も手がけ、12月13日まで東京・池袋の東京芸術劇場で「フェードル」(とよた真帆主演)を上演中。

<1>芝居の期間は朝から晩まで、妻のとよた真帆と話し合い…

公開日: 更新日:

 現在、東京芸術劇場で、僕が演出している舞台「フェードル」が上演されています。もともと映画を撮っていた僕ですが、この舞台に主演する、とよた真帆(顔写真)と結婚したのをきっかけに舞台にも興味を持つことになりました。

 とよたと結婚するまでの僕は、まったくといっていいほど舞台とは接点がありませんでした。だからもちろん、舞台がどうやって作られているかなんてまったく知りませんでした。しかし、とよたが2008年に出演した蜷川幸雄さんの舞台「リア王」に興味が湧いてきて、ぜひ稽古を見に行きたいとリクエストしたのが僕の芝居への入り口になりました。でも、その時は見に行くことができず、実際に初めて舞台の現場を見たのは翌年の蜷川芝居「コースト・オブ・ユートピア」。これで僕は芝居を演出してみたいと強く思うようになったのです。

 決定的だったのは、舞台稽古を見た時でした。蜷川さんと役者さんたちのコミュニケーションのやり方、稽古しながら徹底的に話し合って作り上げていくやり方が、映画とは違うと思ったんです。しかし、僕は同時に、僕がそれをやったらどうなるのかという興味を強く抱いたのです。そして、痛切に「やってみたい」と思ったわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る