8.6秒、クマムシ、安村…2015年ブレーク芸人は年を越せるか

公開日: 更新日:

■8・6秒バズーカー

 赤の衣装とサングラス、はまやねん、田中シングルの2人。昨年後半からブレークし、年末年始の番組にひっぱりだこ。本人たちも「上半期に頑張り過ぎました」と言うように実際、後半は息切れ。本当か嘘か、ネットで反日呼ばわりされたことも逆風になり、リズムネタを封印。他のネタにもチャレンジするも、「ラッスンゴレライ」以上には受けず、ピンチ! 「流行語大賞」のトップ10にも選ばれず、15年を代表する一発屋か? しかし……。

「お笑いでやっていくのは難しいが、ダンスという武器がある。『エグスプロージョン』というダンスユニットの『本能寺の変』というパフォーマンスが受けているが、バズーカーはこの人気に便乗して、ダンスでサバイバルもありです」(お笑い関係者)

■トレンディエンジェル

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る