8.6秒、クマムシ、安村…2015年ブレーク芸人は年を越せるか

公開日: 更新日:

■8・6秒バズーカー

 赤の衣装とサングラス、はまやねん、田中シングルの2人。昨年後半からブレークし、年末年始の番組にひっぱりだこ。本人たちも「上半期に頑張り過ぎました」と言うように実際、後半は息切れ。本当か嘘か、ネットで反日呼ばわりされたことも逆風になり、リズムネタを封印。他のネタにもチャレンジするも、「ラッスンゴレライ」以上には受けず、ピンチ! 「流行語大賞」のトップ10にも選ばれず、15年を代表する一発屋か? しかし……。

「お笑いでやっていくのは難しいが、ダンスという武器がある。『エグスプロージョン』というダンスユニットの『本能寺の変』というパフォーマンスが受けているが、バズーカーはこの人気に便乗して、ダンスでサバイバルもありです」(お笑い関係者)

■トレンディエンジェル

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る