少し飲むと電話魔に…歌手・大津美子さんが楽しむ“癒し酒”

公開日: 更新日:

 デビュー60周年を迎えた「東京アンナ」や「ここに幸あり」で知られる歌手・大津美子さん(78)。お酒は「雰囲気を楽しむ程度」の飲み方だが、最近はちょっと飲むと、「電話魔になる」そうだ。

  ◇  ◇  ◇

 私は69年に31歳で結婚したのですが、それまでお酒を飲むことはほとんどありませんでした。飲み方を教わったのは主人と出会ってからです。

 当時、主人はフランス料理のお店を経営していて、「飲めなくても、少しの洋酒をジンジャーエールで割ったものをテーブルに置いておけば、雰囲気を壊さないですよ」と教えてくれました。結婚してからは「このお酒、おいしいよ。ちょっと飲んでごらん」と言われて、それで少しずつ味を覚えたんです。

 私ったら、それをまるでお茶をいただくようにくーっと飲んだりしちゃうもんだから、「駄目だよそんな、ちゃんと食事もしながらゆっくり飲まなくちゃ倒れちゃうよ」なんて。そのくらい、飲み方を知らなかったの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る