日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

少し飲むと電話魔に…歌手・大津美子さんが楽しむ“癒し酒”

 デビュー60周年を迎えた「東京アンナ」や「ここに幸あり」で知られる歌手・大津美子さん(78)。お酒は「雰囲気を楽しむ程度」の飲み方だが、最近はちょっと飲むと、「電話魔になる」そうだ。

  ◇  ◇  ◇

 私は69年に31歳で結婚したのですが、それまでお酒を飲むことはほとんどありませんでした。飲み方を教わったのは主人と出会ってからです。

 当時、主人はフランス料理のお店を経営していて、「飲めなくても、少しの洋酒をジンジャーエールで割ったものをテーブルに置いておけば、雰囲気を壊さないですよ」と教えてくれました。結婚してからは「このお酒、おいしいよ。ちょっと飲んでごらん」と言われて、それで少しずつ味を覚えたんです。

 私ったら、それをまるでお茶をいただくようにくーっと飲んだりしちゃうもんだから、「駄目だよそんな、ちゃんと食事もしながらゆっくり飲まなくちゃ倒れちゃうよ」なんて。そのくらい、飲み方を知らなかったの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事