少し飲むと電話魔に…歌手・大津美子さんが楽しむ“癒し酒”

公開日: 更新日:

 デビュー60周年を迎えた「東京アンナ」や「ここに幸あり」で知られる歌手・大津美子さん(78)。お酒は「雰囲気を楽しむ程度」の飲み方だが、最近はちょっと飲むと、「電話魔になる」そうだ。

  ◇  ◇  ◇

 私は69年に31歳で結婚したのですが、それまでお酒を飲むことはほとんどありませんでした。飲み方を教わったのは主人と出会ってからです。

 当時、主人はフランス料理のお店を経営していて、「飲めなくても、少しの洋酒をジンジャーエールで割ったものをテーブルに置いておけば、雰囲気を壊さないですよ」と教えてくれました。結婚してからは「このお酒、おいしいよ。ちょっと飲んでごらん」と言われて、それで少しずつ味を覚えたんです。

 私ったら、それをまるでお茶をいただくようにくーっと飲んだりしちゃうもんだから、「駄目だよそんな、ちゃんと食事もしながらゆっくり飲まなくちゃ倒れちゃうよ」なんて。そのくらい、飲み方を知らなかったの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  7. 7

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る