発起人が語る「日プロ大賞」の独自性と授賞式の見どころ

公開日: 更新日:

 第25回日本映画プロフェッショナル大賞(略称日プロ大賞)の授賞式がGW中の5月3日夜、都内のテアトル新宿で開催された。ご存じない方も多いだろう。実はこの日プロ大賞は筆者が24年前の92年から独力でスタートさせた映画賞である。

 面白くて魅力にあふれているのに既成の映画賞ではあまり評価されることがなく、興行面でも振るわない作品や、それに関係する監督や俳優たちにスポットを当ててきた。一般的な話題作や評価に左右されない真のプロフェッショナルな映画人を称揚したいと思ってきたのである。

 今年は作品賞が大根仁監督「バクマン。」。主演女優賞が「ピース オブ ケイク」と「深夜食堂」の多部未華子、主演男優賞が2人で、「さよなら歌舞伎町」「ソレダケ/that’s it」の染谷将太と、「ローリング」「犯(や)る男」他の川瀬陽太、監督賞が「野火」の塚本晋也ら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る