発起人が語る「日プロ大賞」の独自性と授賞式の見どころ

公開日:  更新日:

 第25回日本映画プロフェッショナル大賞(略称日プロ大賞)の授賞式がGW中の5月3日夜、都内のテアトル新宿で開催された。ご存じない方も多いだろう。実はこの日プロ大賞は筆者が24年前の92年から独力でスタートさせた映画賞である。

 面白くて魅力にあふれているのに既成の映画賞ではあまり評価されることがなく、興行面でも振るわない作品や、それに関係する監督や俳優たちにスポットを当ててきた。一般的な話題作や評価に左右されない真のプロフェッショナルな映画人を称揚したいと思ってきたのである。

 今年は作品賞が大根仁監督「バクマン。」。主演女優賞が「ピース オブ ケイク」と「深夜食堂」の多部未華子、主演男優賞が2人で、「さよなら歌舞伎町」「ソレダケ/that’s it」の染谷将太と、「ローリング」「犯(や)る男」他の川瀬陽太、監督賞が「野火」の塚本晋也ら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る