発起人が語る「日プロ大賞」の独自性と授賞式の見どころ

公開日: 更新日:

 第25回日本映画プロフェッショナル大賞(略称日プロ大賞)の授賞式がGW中の5月3日夜、都内のテアトル新宿で開催された。ご存じない方も多いだろう。実はこの日プロ大賞は筆者が24年前の92年から独力でスタートさせた映画賞である。

 面白くて魅力にあふれているのに既成の映画賞ではあまり評価されることがなく、興行面でも振るわない作品や、それに関係する監督や俳優たちにスポットを当ててきた。一般的な話題作や評価に左右されない真のプロフェッショナルな映画人を称揚したいと思ってきたのである。

 今年は作品賞が大根仁監督「バクマン。」。主演女優賞が「ピース オブ ケイク」と「深夜食堂」の多部未華子、主演男優賞が2人で、「さよなら歌舞伎町」「ソレダケ/that’s it」の染谷将太と、「ローリング」「犯(や)る男」他の川瀬陽太、監督賞が「野火」の塚本晋也ら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る