発起人が語る「日プロ大賞」の独自性と授賞式の見どころ

公開日:  更新日:

 第25回日本映画プロフェッショナル大賞(略称日プロ大賞)の授賞式がGW中の5月3日夜、都内のテアトル新宿で開催された。ご存じない方も多いだろう。実はこの日プロ大賞は筆者が24年前の92年から独力でスタートさせた映画賞である。

 面白くて魅力にあふれているのに既成の映画賞ではあまり評価されることがなく、興行面でも振るわない作品や、それに関係する監督や俳優たちにスポットを当ててきた。一般的な話題作や評価に左右されない真のプロフェッショナルな映画人を称揚したいと思ってきたのである。

 今年は作品賞が大根仁監督「バクマン。」。主演女優賞が「ピース オブ ケイク」と「深夜食堂」の多部未華子、主演男優賞が2人で、「さよなら歌舞伎町」「ソレダケ/that’s it」の染谷将太と、「ローリング」「犯(や)る男」他の川瀬陽太、監督賞が「野火」の塚本晋也ら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る