日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョディ・フォスター「5時に夢中!」に“乱入”の宣伝効果

 ハリウッド女優のまさかの登場で大騒ぎになったのは2日、TOKYO MXの「5時に夢中!」。ジョディ・フォスター(53)がスタジオにカンペを持ってADのように現れたのだ。

 ジョディが現れたのがキー局の番組ではないこと、大女優がADのようにというのがあり得ない話。ネットなどでは「全国放送ならいざ知らず」などとジョディもMXも散々な言われようだ。

 番組ではその後ジョディ自身が監督を務め、ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツが共演している映画「マネーモンスター」を「いままで監督した中で一番スリリングだし、一般の方が楽しめる作品」とPR。大満足でMXを後にした。

 もっとも、この“ハプニング”、計算されたものだったようだ。「マネーモンスター」には、高視聴率の財テクTV番組が銃を持った男にジャックされるシーンがあり、「5時に夢中!」への“乱入”はそれを想起させるもの。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事