北野武にフランス最高勲章 「いい賞もらうと落差がつく」

公開日: 更新日:

 フランス政府は25日、タレントで映画監督の北野武(69)に同国で最も権威あるレジオン・ドヌール勲章のオフィシエ(4等)を授与した。理由は「演劇、テレビ、映画、文学などの約束事を変革して現代のアートシーンに影響を与えてきた」こと。

 北野は「いい賞はいっぱい欲しい。なぜかというと、落差が出るから。総理大臣がバナナの皮を踏んで転ぶと皆笑うとチャプリンが言った言葉があるが、同じように、お笑いのためには素晴らしい賞をいっぱいもらって、それから落ちることが『落差がつく』ということだと思います」と、“らしい”発言で喜びを語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る