日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

71歳で急死…芸能リポーター武藤まき子さんの素顔と功績

「とくダネ!」(フジテレビ系)の看板リポーター、武藤まき子さんが5日、虚血性心不全のため71歳で亡くなった。

「先月21日に『とくダネ!』リポーター仲間の小柳美江さんと3人で食事したのが最後でした」と語るのは、後輩リポーターの平野早苗氏だ。

「階段を上るのもハァハァしちゃって、風邪かな、免疫力が落ちたのかしら、なんてお話しされていたんです。階段ではしんどい様子でしたが、食事もお酒もいつもと変わりませんでした。もともと病院にもマメに行き、検査を受けるような方なので私たちも心配していなかったんですが……」

 今月1日、生放送に出演予定をキャンセル、5日朝から体調不良を訴え、昼ごろに自宅で意識を失い救急搬送され死亡と診断された。虚血性心不全は、心臓の筋肉に血液を送り込む血管が狭くなったり閉塞したりする疾患で、タレントの前田健(享年44)も4月に虚血性心不全で新宿の路上で倒れ、帰らぬ人となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事