二階堂ふみを輩出 「美少女図鑑」になぜ原石が集まるのか

公開日: 更新日:

「美少女図鑑」をご存じだろうか。2002年に新潟市で創刊されたフリーペーパーで、地元の美容室などを広告主とし、女性モデルも、カメラマンも、スタイリストも、撮影場所も地元。完全地域密着スタイルで制作されるのが特徴だ。

 新潟以外でも、不定期を含めると北海道、福島、茨城、栃木、岐阜、愛知、三重、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄で、それぞれ都市名を冠した「美少女図鑑」で刊行している。

 元祖「新潟」は、年2回発行で部数は2万部。配布先は、地元の美容室やセレクトショップ、ファッションビルなどで、すぐに品切れになることも。地域密着型の「幻のフリーペーパー」と呼ばれる。

■タレントの登竜門

 なぜか。たとえば、女優の二階堂ふみ(沖縄)、三井のリハウス第14代目リハウスガールの山本舞香(鳥取)、大東建託などのCMに引っ張りダコの桜井日奈子(岡山)、グラビアタレントの馬場ふみか(新潟)らを輩出するなど、美少女図鑑はタレントの“登竜門”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る