昨年は肺炎に 横内正「リア王」2年連続主演へ76歳の覚悟

公開日:

 昨夏、三越劇場での公演が好評だった横内正主演「リア王」が今年も23日から27日まで同所で上演される。

 昨年は終了後に肺炎になったというほど過酷な舞台。現在76歳で、シェークスピアの主演俳優としては世界で最年長だという。その意気込みを聞いた。

「英国の俳優サー・ローレンス・オリビエがテレビ用に演じたのが76歳だったそうです。舞台となると亡くなった平幹二朗さんが七十何歳かでやられたのですが、僕の年にはなっていなかったかと。今は自分の肉体を鍛えないといけないと思ってやりすぎて筋肉痛になっているほどなので、奮い立つ気持ちをなだめているところです」

 まさに意気軒高。共演は愛華みれ、秋本奈緒美ほか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る