昨年は肺炎に 横内正「リア王」2年連続主演へ76歳の覚悟

公開日: 更新日:

 昨夏、三越劇場での公演が好評だった横内正主演「リア王」が今年も23日から27日まで同所で上演される。

 昨年は終了後に肺炎になったというほど過酷な舞台。現在76歳で、シェークスピアの主演俳優としては世界で最年長だという。その意気込みを聞いた。

「英国の俳優サー・ローレンス・オリビエがテレビ用に演じたのが76歳だったそうです。舞台となると亡くなった平幹二朗さんが七十何歳かでやられたのですが、僕の年にはなっていなかったかと。今は自分の肉体を鍛えないといけないと思ってやりすぎて筋肉痛になっているほどなので、奮い立つ気持ちをなだめているところです」

 まさに意気軒高。共演は愛華みれ、秋本奈緒美ほか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る