昨年は肺炎に 横内正「リア王」2年連続主演へ76歳の覚悟

公開日: 更新日:

 昨夏、三越劇場での公演が好評だった横内正主演「リア王」が今年も23日から27日まで同所で上演される。

 昨年は終了後に肺炎になったというほど過酷な舞台。現在76歳で、シェークスピアの主演俳優としては世界で最年長だという。その意気込みを聞いた。

「英国の俳優サー・ローレンス・オリビエがテレビ用に演じたのが76歳だったそうです。舞台となると亡くなった平幹二朗さんが七十何歳かでやられたのですが、僕の年にはなっていなかったかと。今は自分の肉体を鍛えないといけないと思ってやりすぎて筋肉痛になっているほどなので、奮い立つ気持ちをなだめているところです」

 まさに意気軒高。共演は愛華みれ、秋本奈緒美ほか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る