昨年は肺炎に 横内正「リア王」2年連続主演へ76歳の覚悟

公開日:

 昨夏、三越劇場での公演が好評だった横内正主演「リア王」が今年も23日から27日まで同所で上演される。

 昨年は終了後に肺炎になったというほど過酷な舞台。現在76歳で、シェークスピアの主演俳優としては世界で最年長だという。その意気込みを聞いた。

「英国の俳優サー・ローレンス・オリビエがテレビ用に演じたのが76歳だったそうです。舞台となると亡くなった平幹二朗さんが七十何歳かでやられたのですが、僕の年にはなっていなかったかと。今は自分の肉体を鍛えないといけないと思ってやりすぎて筋肉痛になっているほどなので、奮い立つ気持ちをなだめているところです」

 まさに意気軒高。共演は愛華みれ、秋本奈緒美ほか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る