仏映画「ポリーナ、私を踊る」 ヒロインの超絶美少女ぶり

公開日: 更新日:

 芸術の秋。近年はダンスをテーマにした映画が世界的にはやっており、「ラ・ラ・ランド」などが日本でも大ヒットしたが、この秋は仏映画「ポリーナ、私を踊る」が話題を集めている。

 クラシックバレエを学ぶ天才少女がコンテンポラリーダンスと出合い、すべてをなげうって、そこに身を投じていく成長物語。主人公ポリーナ役のアナスタシア・シェフツォワはロシア・サンクトペテルブルク出身の22歳。

 バレエアカデミー出身で、約600人のオーディションを勝ち抜いて役を得たヒロインだ。

「ダンス映画ブームという潮流では、ドラマの他にドキュメンタリーやアニメ作品もつくられ、幅広く共感を集めています。本作はフランスの人気漫画を原作に、最先端のコンテンポラリーダンスを描いたもの。アナスタシアのダンスは言うまでもなく本物で、女優としても、ミステリアスな瞳で人気急上昇中なんです」(PR担当の山崎裕希子さん)

 映画界に彗星のごとく現れた超絶美少女アナスタシアの魅力たっぷりの今作。CGを駆使した大作もいいが、涙と汗をほとばしらせながら、努力する少女の姿に胸を打たれるのは必至だ。28日からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る