仏映画「ポリーナ、私を踊る」 ヒロインの超絶美少女ぶり

公開日: 更新日:

 芸術の秋。近年はダンスをテーマにした映画が世界的にはやっており、「ラ・ラ・ランド」などが日本でも大ヒットしたが、この秋は仏映画「ポリーナ、私を踊る」が話題を集めている。

 クラシックバレエを学ぶ天才少女がコンテンポラリーダンスと出合い、すべてをなげうって、そこに身を投じていく成長物語。主人公ポリーナ役のアナスタシア・シェフツォワはロシア・サンクトペテルブルク出身の22歳。

 バレエアカデミー出身で、約600人のオーディションを勝ち抜いて役を得たヒロインだ。

「ダンス映画ブームという潮流では、ドラマの他にドキュメンタリーやアニメ作品もつくられ、幅広く共感を集めています。本作はフランスの人気漫画を原作に、最先端のコンテンポラリーダンスを描いたもの。アナスタシアのダンスは言うまでもなく本物で、女優としても、ミステリアスな瞳で人気急上昇中なんです」(PR担当の山崎裕希子さん)

 映画界に彗星のごとく現れた超絶美少女アナスタシアの魅力たっぷりの今作。CGを駆使した大作もいいが、涙と汗をほとばしらせながら、努力する少女の姿に胸を打たれるのは必至だ。28日からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る