強みは“無色透明” 新CM女王に躍り出た吉岡里帆の伸びしろ

公開日:

 女優の吉岡里帆(25)が7日、都内で行われた「綾鷹 茶葉のあまみ」のイベントに登壇。「生まれが京都なので急須のお茶を飲むのが習慣になっています」と語り、同品について「春の訪れを感じられるような味わい」とコメントし、監修の京都の老舗茶舗の上林春松本店代表を感心させた。

 吉岡といえば、現在CM契約は10社超。「どん兵衛」のCMで、キツネ耳をつけた“どん兵衛の化身”も大好評だった。現在はドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で主演の座を射止め、目下大注目株なのである。京都の太秦生まれで、幼少時から映画や演劇、伝統芸能に親しみ、学生時代は小劇場の舞台に立っていたという実力派。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「芸能界ではデビュー時に“○○に似てる”という特徴があると注目を浴びやすいといわれますが、吉岡さんは全く逆。“この子誰?”と気になって注目されている。彼女は新人に一番必要なピュアさ、透明感があって、どんな役にも染まっていけるポテンシャルが非常に高い。今季のドラマでは小心なOL役を演じ、視聴者がドラマにのめり込み、ヤキモキしてしまうほど。これだけカメレオンのように演じ切れるのは小さい頃から芝居が身近で体に染みついているからでしょう」

 水出し緑茶のようなほんのりとした甘みが魅力である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る