強みは“無色透明” 新CM女王に躍り出た吉岡里帆の伸びしろ

公開日: 更新日:

 女優の吉岡里帆(25)が7日、都内で行われた「綾鷹 茶葉のあまみ」のイベントに登壇。「生まれが京都なので急須のお茶を飲むのが習慣になっています」と語り、同品について「春の訪れを感じられるような味わい」とコメントし、監修の京都の老舗茶舗の上林春松本店代表を感心させた。

 吉岡といえば、現在CM契約は10社超。「どん兵衛」のCMで、キツネ耳をつけた“どん兵衛の化身”も大好評だった。現在はドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で主演の座を射止め、目下大注目株なのである。京都の太秦生まれで、幼少時から映画や演劇、伝統芸能に親しみ、学生時代は小劇場の舞台に立っていたという実力派。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「芸能界ではデビュー時に“○○に似てる”という特徴があると注目を浴びやすいといわれますが、吉岡さんは全く逆。“この子誰?”と気になって注目されている。彼女は新人に一番必要なピュアさ、透明感があって、どんな役にも染まっていけるポテンシャルが非常に高い。今季のドラマでは小心なOL役を演じ、視聴者がドラマにのめり込み、ヤキモキしてしまうほど。これだけカメレオンのように演じ切れるのは小さい頃から芝居が身近で体に染みついているからでしょう」

 水出し緑茶のようなほんのりとした甘みが魅力である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る