飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

素材一本勝負の甘さ…ヒンヤリ焼き芋「冷やし師匠<下>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今年の高校野球甲子園大会は100回記念だそうですね。夏の甲子園球場といえば、灼熱……。それに立ち向かうアイテムとして、ただの氷が入ってるパックにストローを差し込んで、おでこに首筋に当てて良し、飲んで良しのカチ割り氷が有名(?)です。

 ということで、こんなに暑い夏は「冷やし師匠」です~。

 冬の風物詩であるおでんの冷やしバージョンが有名(?)になりつつあるなか、気温35度の街中を歩いてると〈焼き芋発売中〉と書かれた大きなのぼりが目に入ってくるわけです。そこで飯尾家長男、この暑さで軽くやられたかなぁと思いながらも、店のご主人に詳しく尋ねると、焼きは焼きでも「冷やし焼き芋なんですよ」と、友達が多そうな笑顔で返され、試しにひとついただいてみたわけです。

 心の中では焼いてから冷やすカツオのタタキじゃないんだから~と冷笑しながらパクッ。よっ出ました! 冷やし師匠!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る