• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

素材一本勝負の甘さ…ヒンヤリ焼き芋「冷やし師匠<下>」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今年の高校野球甲子園大会は100回記念だそうですね。夏の甲子園球場といえば、灼熱……。それに立ち向かうアイテムとして、ただの氷が入ってるパックにストローを差し込んで、おでこに首筋に当てて良し、飲んで良しのカチ割り氷が有名(?)です。

 ということで、こんなに暑い夏は「冷やし師匠」です~。

 冬の風物詩であるおでんの冷やしバージョンが有名(?)になりつつあるなか、気温35度の街中を歩いてると〈焼き芋発売中〉と書かれた大きなのぼりが目に入ってくるわけです。そこで飯尾家長男、この暑さで軽くやられたかなぁと思いながらも、店のご主人に詳しく尋ねると、焼きは焼きでも「冷やし焼き芋なんですよ」と、友達が多そうな笑顔で返され、試しにひとついただいてみたわけです。

 心の中では焼いてから冷やすカツオのタタキじゃないんだから~と冷笑しながらパクッ。よっ出ました! 冷やし師匠!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る