飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

素材一本勝負の甘さ…ヒンヤリ焼き芋「冷やし師匠<下>」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今年の高校野球甲子園大会は100回記念だそうですね。夏の甲子園球場といえば、灼熱……。それに立ち向かうアイテムとして、ただの氷が入ってるパックにストローを差し込んで、おでこに首筋に当てて良し、飲んで良しのカチ割り氷が有名(?)です。

 ということで、こんなに暑い夏は「冷やし師匠」です~。

 冬の風物詩であるおでんの冷やしバージョンが有名(?)になりつつあるなか、気温35度の街中を歩いてると〈焼き芋発売中〉と書かれた大きなのぼりが目に入ってくるわけです。そこで飯尾家長男、この暑さで軽くやられたかなぁと思いながらも、店のご主人に詳しく尋ねると、焼きは焼きでも「冷やし焼き芋なんですよ」と、友達が多そうな笑顔で返され、試しにひとついただいてみたわけです。

 心の中では焼いてから冷やすカツオのタタキじゃないんだから~と冷笑しながらパクッ。よっ出ました! 冷やし師匠!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る