• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

投稿日:  更新日:

 まずは大阪弁のなまりをとり標準語に直される日々。そうしながら、ドラマのオーディションを受けた。幸運にも、合格。日本テレビの「家族の晩餐」という連続ドラマのヒロインだった。山城新伍さん、倍賞美津子さん夫婦の娘役。原作者の阿久悠先生が「フレッシュさがいい」と強く推していただいたと聞いて、とても光栄だったけれど、同じくらいかそれ以上の不安が胸を突き上げた。

 上京して2カ月。演技なんて、小学生の学芸会しか経験がない。気弱なモグラの話で、モグラをけしかけるヒヨコの一匹、黄色いトレーナーで「ヒヨコ6」をやった2年のときと、4年のときのロシアの児童文学「森は生きている」くらいだ。

 出演者の顔合わせで、素人は自分だけだった。そして思った。せめて周りの皆さんの迷惑にならないよう、台詞だけはきちんと覚えていこうと。生田スタジオでの収録が始まると、役名の「愛子」をもじって「ラブ子」と呼んでもらい、かわいがってもらえた。お母さん役の倍賞さんには、本当にお母さんのように目をかけていただいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る