事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

公開日:  更新日:

 まずは大阪弁のなまりをとり標準語に直される日々。そうしながら、ドラマのオーディションを受けた。幸運にも、合格。日本テレビの「家族の晩餐」という連続ドラマのヒロインだった。山城新伍さん、倍賞美津子さん夫婦の娘役。原作者の阿久悠先生が「フレッシュさがいい」と強く推していただいたと聞いて、とても光栄だったけれど、同じくらいかそれ以上の不安が胸を突き上げた。

 上京して2カ月。演技なんて、小学生の学芸会しか経験がない。気弱なモグラの話で、モグラをけしかけるヒヨコの一匹、黄色いトレーナーで「ヒヨコ6」をやった2年のときと、4年のときのロシアの児童文学「森は生きている」くらいだ。

 出演者の顔合わせで、素人は自分だけだった。そして思った。せめて周りの皆さんの迷惑にならないよう、台詞だけはきちんと覚えていこうと。生田スタジオでの収録が始まると、役名の「愛子」をもじって「ラブ子」と呼んでもらい、かわいがってもらえた。お母さん役の倍賞さんには、本当にお母さんのように目をかけていただいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る