事務所社長宅に下宿 高校と芸能界の“二足の草鞋”が始まる

公開日:  更新日:

 まずは大阪弁のなまりをとり標準語に直される日々。そうしながら、ドラマのオーディションを受けた。幸運にも、合格。日本テレビの「家族の晩餐」という連続ドラマのヒロインだった。山城新伍さん、倍賞美津子さん夫婦の娘役。原作者の阿久悠先生が「フレッシュさがいい」と強く推していただいたと聞いて、とても光栄だったけれど、同じくらいかそれ以上の不安が胸を突き上げた。

 上京して2カ月。演技なんて、小学生の学芸会しか経験がない。気弱なモグラの話で、モグラをけしかけるヒヨコの一匹、黄色いトレーナーで「ヒヨコ6」をやった2年のときと、4年のときのロシアの児童文学「森は生きている」くらいだ。

 出演者の顔合わせで、素人は自分だけだった。そして思った。せめて周りの皆さんの迷惑にならないよう、台詞だけはきちんと覚えていこうと。生田スタジオでの収録が始まると、役名の「愛子」をもじって「ラブ子」と呼んでもらい、かわいがってもらえた。お母さん役の倍賞さんには、本当にお母さんのように目をかけていただいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る