オカルト研究家・山口敏太郎氏「良質なエンタメを目指す」

公開日: 更新日:

「結局、オカルトは人間に始まり、人間によって消費されていく世界です。オカルトに興味を持つことは、つまりは人間に興味を持つことでもあるんですよ。今はSNS上で『いいね!』を押すとか、うわべだけの希薄な人間関係になっているので、こんな時代こそオカルトが見直されるべきだと思うんです」

――しかし「ノストラダムスの大予言」がオウムを生み出したように、マイナス面もある。

「かつてのようにオカルトを妄信するような考え方はよくない。それをあおってきたメディアにも責任があります。オウム事件に代表されますが、それは“危ないオカルト”です。あれから20年以上、僕が目指してきたのは、まっとうな大人も楽しめる良質なエンターテインメントとしての“健全なオカルト”です」

――健全なオカルト?


「『コンプライアンスに規定された以降のオカルト』と言うかね。UMAは生物学、妖怪は民俗学、幽霊は大脳生理学や心理学とか学術的な力も借りながら分析する。“不可解なもの”に対して仮説を立てて分析することが学問でしょう。まさに科学ですよ。大槻教授のように、結果が出てることだけを言うのが科学ではありません。徹底的に検証した上で、それでも分からないものは分からないものとしてファンタジーのまま提示する」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る