宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

公開日: 更新日:

保身と銭ゲバ

 ビートたけしは、20日放送の「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)で、「それ(闇営業)をやらなきゃ食えないような事務所の契約がダメなんだ。家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよ。最低保障くらいしろよ」と吉本を痛烈に批判。芸能文化評論家の肥留間正明氏はこう語る。

「土曜の会見で一夜にして流れが変わりました。吉本興業は宮迫ら以上に“会社の保身”にこだわっていたことが露呈した。十分な調査もせず、いきなり契約解除とは芸人に対する扱いとしては酷すぎる。もっともそれ以前にキチンとした契約さえしてないわけですよ。背景には6000人の芸人を抱え、問題を起こした芸人は即座にクビにして、自分たちは無関係だと言ってきた歴史があるわけです。まさに“トカゲの尻尾切り”。吉本興業を契約解除となることは、現在の状況では、実質的に芸能界永久追放を意味する。2人は決死の覚悟を持って会見に臨んだはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る