分断社会の行く末を警告…傑作「ジョーカー」を見逃すな

公開日: 更新日:

 バットマンが出てこないバットマン映画――DCコミックスの代表的ヒーローの宿敵を主人公にした映画「ジョーカー」が、全世界的に大ヒットスタートを切った。北米では10月の封切り作品としては過去最高の興収を記録。R指定作品として若年層の観客を見切った残酷で生々しい作風が、これまでのコミックファンをもうならせている。映画批評家の前田有一氏はこう言う。

「DCは、アベンジャーズシリーズで知られるライバルのマーベル社と違い、『ダークナイト』(2008年)など大人向けのバットマン映画で成功してきた経験があります。『ジョーカー』はそれをさらに突き詰めた作りで、肝心のバットマンすら登場せず、悪役ジョーカーの誕生秘話だけを描いています。トランプ大統領が進める分断社会の行く末にある破滅を警告する社会風刺になっている点も、当時の対テロ戦争政策を批判した『ダークナイト』の印象に近い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る