分断社会の行く末を警告…傑作「ジョーカー」を見逃すな

公開日: 更新日:

 バットマンが出てこないバットマン映画――DCコミックスの代表的ヒーローの宿敵を主人公にした映画「ジョーカー」が、全世界的に大ヒットスタートを切った。北米では10月の封切り作品としては過去最高の興収を記録。R指定作品として若年層の観客を見切った残酷で生々しい作風が、これまでのコミックファンをもうならせている。映画批評家の前田有一氏はこう言う。

「DCは、アベンジャーズシリーズで知られるライバルのマーベル社と違い、『ダークナイト』(2008年)など大人向けのバットマン映画で成功してきた経験があります。『ジョーカー』はそれをさらに突き詰めた作りで、肝心のバットマンすら登場せず、悪役ジョーカーの誕生秘話だけを描いています。トランプ大統領が進める分断社会の行く末にある破滅を警告する社会風刺になっている点も、当時の対テロ戦争政策を批判した『ダークナイト』の印象に近い」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る