五輪延期で目算狂う NHK朝ドラ「エール」は多難なスタート

公開日: 更新日:

 誰もが知っているあの曲、この曲が次々に歌われたり演奏され、人気は間違いなしといわれるNHK連続テレビ小説「エール」(総合あさ8時)だが、新型コロナウイルス騒動でケチがつきっぱなしである。

 ドラマのモデルの古関裕而は、マーチや応援歌・校歌から歌謡曲、映画音楽、さらに軍歌、クラシックまで生涯に4500曲を作曲し、その集大成は1964年の東京五輪入場行進曲「オリンピック・マーチ」だろう。ドラマはこの曲の制作の苦心と演奏をクライマックスに、TOKYO2020開幕に合わせる算段をしていたはずだ。そのため、第1話で56年前の開会式当日を描いて布石を打った。ところが、肝心のオリンピックが延期である。

 夏の高校野球の大会歌「栄冠は君に輝く」も古関の作曲で、これもドラマの目玉のひとつだが、今夏の開催は難しいかもしれない。プロ野球も開幕の見通しが立たず、「大阪タイガースの歌(六甲おろし)」「巨人軍の歌」「ドラゴンズの歌」が聞こえてこない。延期になった春の六大学野球が中止や無観客試合になれば、早稲田大「紺碧の空」、慶応大「我ぞ覇者」は歌われない。いずれも古関の曲だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    田中“楽天1年限定”説がはらむ危険 メジャー再復帰は絶望的

もっと見る