船山基紀
著者のコラム一覧
船山基紀編曲家

1951年、東京都生まれ。編曲家。デビュー作は中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」。昨年死去した作曲家・筒美京平と組んだ作品が一番多く、沢田研二、渡辺真知子、田原俊彦ら数々のヒットを飛ばした。昨年12月に編曲を手がけた作品を収録した「船山基紀 サウンド・ストーリー」(ソニー・ミュージックダイレクト、CD4枚組72曲)をリリース。

「船山君は筒美京平が嫌いでしょ?」と言われてドキッ

公開日: 更新日:

 数々のヒットを飛ばした作曲家の筒美京平さんが昨年10月に亡くなったが、筒美さんとともに昭和から平成の音楽シーンを演出してきたのがこの人、編曲家の船山基紀さんだ。筒美さんとの秘話の数々、黒子に徹しながらヒットメーカーとしてスターに接してきたエピソードを語ってもらった。

 筒美さんとの出会いがなければ、今の私はありませんね。それぐらい大切な人です。出会いも衝撃的でした。

 最初の出会いは中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」(1975年)のデビュー後、フォークソングブームの中で仕事が波に乗ってきた頃です。突然、先生から連絡がありましてね。僕は25歳。あの「サザエさん」の作曲家からご指名をいただいて……、え、僕なの? とまず驚きました。

■初仕事は太田裕美「都忘れ」

 先生との初仕事は太田裕美の「都忘れ」(76年)です。普通、フォークの場合、レコーディングまでの1週間ほどの間に譜面を書くんです。ところが、打ち合わせで先生に呼ばれたのがレコーディング前日の夜10時でした。場所は六本木にある筒美京平事務所。行ってみたら立派なマンションで「すごい所に住んでるんだな」って思っていたら、「ここは仕事場で家は別だ」っておっしゃるから、びっくりしたのを今でも覚えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る