桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

芸人コメンテーターは和ませ癒やし系より炎上誘発系に限る

公開日: 更新日:

 以前「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で「そんなわけがない芸人でも、情報番組からコメンテーターのオファーが来たら、身の程をわきまえず引き受けちゃう説」というのを検証していた。ハリウッドザコシショウやコウメ太夫らがその気になっていたのがおかしかった。

 それも無理はない。テレビにはつくだ煮になるくらい芸人コメンテーターがあふれていて、なんだか楽そうに稼いでいる(ように見える)。あわよくば自分もと思ってしまうのも、当然のことだ。

 そんな芸人コメンテーターに、世間の声は厳しく、彼らが少しでもエラそうなことを言おうものなら、SNSのコメント欄は瞬時に「おまえが言うな!」で埋まってしまうというほど。なぜ、かくも芸人コメンテーターは嫌われるのか。

 そもそも芸人コメンテーターといってもピンからキリまでいる。それをひとくくりにするのはいささか乱暴すぎる。乱暴ついでに彼らを大きく2つに分ければ、「毒にも薬にもならない和ませ癒やし系」と「一言モノ申す炎上誘発系」になる。

 前者は自分の番が回ってきたら二言三言、面白いことを言って場を和ませるのが役割と考えているタイプ。「ゴゴスマ」(TBS系)の友近や大久保佳代子、ますだおかだ岡田、ケンドーコバヤシあたりがこのタイプ。

カンニング竹山小池都知事にかみつく

 問題は後者。炎上上等で、いい悪いは別にして持論をまくし立てる。カンニング竹山やフット岩尾、ブラマヨ吉田。サラッと毒を吐く加減が絶妙だ。とくによく吠えるのが竹山で、17日「バイキングMORE」でも小池都知事を「この人は今までやれたことを何もやってない。去年と何も変わってない」「公約を一つもやってないからね」と徹底批判した。

 おぎやはぎ小木が「小池さん、フリップ芸やってるから」と笑いにしようと口を挟むも、「フリップ芸やってんだったらR-1出ろよって話ですよ」とにべもない。我慢も限界にきている都民にしてみれば拍手喝采、よくぞ言った! だ。「王様の耳はロバの耳」と叫ぶモノ申す系芸人コメンテーターの方がましだ。

爆笑問題・太田は尾身会長にきっちり迫った

 14日の「芸人記者ニュースマン~ニュースのギモンを深ぼり」(フジテレビ系)では爆笑問題太田光新型コロナウイルス感染症対策分科会・尾身茂会長に直撃。「番組に出たのは太田さんが感染症に対して個人の好みとか思いじゃなくてしっかり全体について発言しているから」と理由を説明。そんな尾身会長に「船頭多過ぎ。政府と医師会と事前に話し合って意見をまとめるべき」と進言していた。

 こういう時の太田は頼もしい。かつての「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」(日本テレビ系)を思わせる骨のある番組だった。

 芸人を出すなら炎上誘発系に限る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る