桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

志村けんさん死去1年 ファミリーは今も“だいじょうぶだぁ”

公開日: 更新日:

 志村けん(享年70)が亡くなって1年あまり。先日も7月に故郷の東京都東村山市の西武線東村山駅前に設置が予定されている銅像のポーズが「アイーン」に決まったと話題になったばかり。クラウドファンディングで制作費を募ったら目標額2400万円を超える支援が集まったというから、亡くなってもその人気ぶりは変わらず、だ。

 フジテレビは火曜深夜に過去に放送された志村のコントのVTRを見ながら、ゆかりの人たちとトークする「志村友達」を放送している。あの世に行ってもレギュラーを持っているのは志村くらいのものだろう。2日と9日には優香が出演し、一緒に演じたコントを見ながら「もう、よくわからない気持ちになっちゃいますよね……」「懐かしいけど、今、見ても楽しいです」と泣き笑い。

毎晩のように飲み歩いた千鳥・大悟は絶好調

 晩年、志村と毎日のように飲み歩いていたといわれている千鳥大悟が優香に「飲んだ数と同じだけ『優香はいいよなあ』って言っていた。何回聞いたか」と暴露。2人は息もぴったりで、31歳の年の差もなんのその、プライベートでも噂になったほど。

 以前、優香が出演した舞台「酒と涙とジキルとハイド」を見に行った際、ロビーに大きな花が飾られ、そこに「優香さんへ 志村けん」と書かれていた。グラドルだった優香の才能を見抜き、育てた志村には恋人のようでもあり、娘のような存在だったのだろう。

亡くなって1カ月後、優香はママになった

 2016年にNHK「ちかえもん」で共演した青木崇高と結婚。志村が亡くなった1カ月後に第1子を出産したので、志村は優香がママとなったのを知らない。今は優香が夫婦で共演するトヨタのCMも話題になっている。

 他の志村ファミリーはどうか。

「志村友達」のMCを担当しているのはアンタッチャブル柴田英嗣と大悟だが、柴田は19年、コンビでの活動も再開し、4月からサンドウィッチマンテレビ朝日「お笑い実力刃」のMCに起用された。

 優香の前に寵愛を受けていたと噂された、いしのようこも朝ドラ「おちょやん」で存在感を見せている。島崎和歌子は「私はヤられてないからね」とぶっちゃけ、「オールスター感謝祭」や「人生最高レストラン」(ともにTBS)で活躍中。

磯山さやかは茨城県の郷土大使を務める

 舞台「志村魂」で長年共演していた茨城出身の磯山さやかは「ケンミンSHOW」をはじめ郷土色豊かな番組に重宝され、いばらき大使を務め、「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の金曜レギュラーを担当している。

 露出が極端に減ったのは桑野信義。あまりに顔を見ないので思い出そうとしたら空気階段の鈴木もぐらになってしまいそう。事務所の公式サイトを見たら19年の舞台「志村魂」以降更新が止まったまま。ブログは更新しているようだが……。

 志村ファミリー、「だいじょうぶだぁ」ってことで。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至