本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ミルクボーイ「M-1」優勝までの凸凹道…霜降り明星に発奮

公開日: 更新日:

 M-1の2カ月前に行われた「関西演芸しゃべくり話芸大賞」は「最中ネタ(7分)」で圧勝。打ち上げの席で「M-1用にうまく削り込みや。決勝にも行けると思うよ」と言っていたのが、決勝どころか優勝してしまったのです。やはり周りがどう言おうと、本人が意識を変えないと何も変わらないものです。

 M-1の本番でも「今年初めてのテレビ」と言っていましたが、優勝後は10年分の仕事がひと月で入ったそうです。東京への移動も深夜バスから新幹線に替わり、「出世払い」だった散髪の料金も払えるようになりました。

 昨年のコロナ禍でも東京―大阪を100往復。あくまで拠点は大阪という2人。どんなに売れようと慢心することなく、若手の頃から変わることなくいつも礼儀正しく謙虚なミルクボーイ。これからもさまざまな「おかんの疑問」に答えてくれるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る