本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ケンドーコバヤシの礼儀正しさ…バイクを止めわざわざ挨拶

公開日: 更新日:

 ここ最近はお笑い界の「ご意見番」的な存在にもなってきたように感じる“ケンコバ”ことケンドーコバヤシ君。

■中川家、陣内らそうそうたる同期

 NSC大阪11期生で、同期には中川家、陣内智則、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、吉本新喜劇の烏川耕一らそうそうたるメンバーがおり、在学中は型にはまらない“ハチャメチャな”漫才をやっていました。元ハリガネロックのユウキロックとのコンビ「松口VS小林」では、ネタの中でプロレス技を掛け合ったり、どちらがやっていたか定かな記憶はありませんがツッコミにドロップキックをするなど、粗削りながら文字通り“体を張った”ネタを見せてくれました。

 現在の芸名・ケンドーコバヤシもプロレスラーの「ケンドー・ナガサキ」から取ったようなので、プロレスが大好きだったのでしょう。強烈なインパクトがあったので在学中にNSCからの推薦で「オールザッツ漫才」にも出演したんじゃないかと記憶しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  4. 4

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る