碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

NHK「ひきこもり先生」主人公は佐藤二朗にしかできない

公開日: 更新日:

 メタボ気味の冴えない中年男、上嶋陽平。実は11年も「ひきこもり」を続け、現在は焼き鳥屋の店主だ。そんな主人公が、ふとしたきっかけで公立中学校の不登校クラス「STEPルーム」の非常勤講師となる。先週から始まったNHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」だが、こんな癖のある役、佐藤二朗以外の誰が演じられるだろう。

 他者と接することが苦手な陽平の店には、客へのメッセージを書いた張り紙が並ぶ。「店主には話しかけないで」「注文は注文書に」「代金は席に置いて帰って」「サービスはしません」そして「すみません」。

 しかし、シングルマザーの母親との軋轢で不登校になった生徒、奈々(鈴木梨央)が少しだけ心を開いたのは、相手が陽平だからこそだ。「話、聞いてくれて、ありがとう」と告げて、歩道橋から飛び降りようとする奈々。「生きよう!」と何度も呼び掛けて引き留める陽平。スクールソーシャルワーカーの磯崎(鈴木保奈美)に「関わるなら本気で!」と背中を押され、講師を引き受けた。

 初回は陽平が初出勤する朝で終わり、その活動は次回からが本格的スタートだ。STEPルームの生徒は13人。家庭の事情も本人の性格も異なるが、共通しているのは、磯崎が言うところの「不登校の問題は命の問題」であるということだ。佐藤二朗にしかできない「先生」が動きだす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る