ブッチー武者さんの今 ハロウィーンで“懺悔の神様”仮装したらバズって時の人に

公開日: 更新日:

ブッチー武者さん(コメディアン/69歳)

 1980年代に一世を風靡した伝説のバラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)。トリを飾る人気コーナーが「ひょうきん懺悔室」だった。ブッチー武者さん(69)は、出演者の出したNGが○か×かを判定し、×なら水を浴びせる“懺悔の神様”としてブレーク。さて、今どうしているのか?

 ◇  ◇  ◇

「いやー、本当にビックリでした。11月1日、僕のツイッターがいきなりバズったんですよ。『いいね!』こそ4万弱ですが、ユーザーが閲覧した回数はなんと355万回超! 最初は夢を見てるのかと、目を疑いましたね。アハハハ」

 都内・大塚で会ったブッチー武者さんが、こう言って大笑いした。

 コトの発端は、10月30、31日、池袋で開催された国内最大級のコスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」に、武者さんが「ひょうきん懺悔室」の“神様”の衣装で参加したことだ。

「知人から、『ひょうきん族が終了して30年以上経つけど、番組を知らない今の若い世代のコスプレーヤーはどんな反応を見せるか、いっぺん試してみようよ』と言われましてね。で、それに乗ることにしてエントリーフィ2500円を払って一般参加。そうしたら人だかりができちゃって、フジテレビの情報番組『ライブニュース イット』で放送されたんです。それを見た視聴者が僕のツイッターに反応したってワケ」

 それを見たネットメディアから取材依頼もあり、一躍時の人となった。

「今の仕事? もちろんコメディアンを続けてるし、2014年に『ZANGE(ざんげ)』という劇団を立ち上げて、06年に京都で起きた介護殺人事件をテーマにした『生きる』というオリジナル作品を中心に公演活動をしています」

 京都の介護殺人事件とは、母親を介護していた当時54歳の男性が、介護疲れと生活苦から親子心中を図って86歳の母親を殺害した事件。公判では、裁判官、検事ともに男性の状況に同情し、涙を隠さなかった。

「コント山口君と竹田君の山口弘和さん、介護経験がある大信田礼子さんらが出演し、田原総一朗さんが推薦文を出してくださっています。介護って、年を経るに従って誰にでも待ち受けること。今のうちに心の準備が必要ですよ、という趣旨です」

 これまで19回公演してきたが、昨年来の新型コロナ禍で休演中。今後はオンラインでの配信を考えているそうだ。

「○か×かの判定は完全にアドリブだった」

 さて、1952年8月6日に、長野県は軽井沢の西隣にある東御市で生まれた武者さんは、地元高校を卒業後に上京。就職先は、お笑いとは無関係の建築設計事務所だったが、20歳の時に退職して演劇の世界へ。たまたま受けた「NHKお笑いオンステージ」のオーディションに合格したことがきっかけでコメディアンになった。

「師匠は94年に亡くなられたレオナルド熊さん。熊さんには、かなりシゴかれましたが、81年に、『ひょうきん族』に“懺悔の神様”での出演が決まり、僕の人生は大きく変わりました。○か×かの判定は、事前打ち合わせなしで当日のアドリブでした。明石家さんまさん、ビートたけしさんでも平気で×。一番受けたのは、当時、フジテレビの編成局長で現在、フジサンケイグループ代表の日枝久さんに×を出したとき。スタッフの表情が一瞬で変わりましたよ。でも、日枝さんは大笑い。おおらかな時代でした」

 番組終了後も“懺悔の神様”はお笑いの営業で引っ張りだこ。

「ビルは建ってませんが、けっこう稼がせてもらいました。その分、熊さん亡き後にお世話になった、コント『ゆーとぴあ』のホープ師匠に貢がされましたけどね(笑い)」

 ホープさんとは91年、アフガニスタンの反政府ゲリラの基地へ行き、ゴムパッチンの一発芸をしてきたこともあった。

「ゲリラを支援している日本のグループの誘いだったんです。真冬だったので零下十数度の中、吹雪の中で遭難しかけたこともありましたが、言葉は通じなくても、芸は心を開かせるってことを学びました」

 また、新宿・歌舞伎町で「懺悔の部屋 女無BAR」も営業。こちらはハウスボトル飲み放題で税込み6600円だ。

「YouTubeもやってますので、ぜひご覧ください」

(取材・文=高鍬真之)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか