テレ東「年忘れにっぽんの歌」大健闘で余計際立ったNHK紅白のトンチンカン

公開日: 更新日:

 NHK紅白歌合戦は決壊状態。初登場歌手が発表された頃から予感はあったが、終わってみれば「やっぱり」だった。

 紅白の世帯視聴率は2020年の40.3%より6ポイントダウンの34.3%、史上最低。瞬間最高も約8ポイントダウンの39.3%、40%割れのこちらもワーストになった。

 同時間帯の歌番組、テレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」は8.3%でこちらは20年の7.4%から1ポイント近くアップ。紅白のマイナス分をカバーはできなかったが、NHKのダメぶりが余計に目立った。

 この2つの歌番組を比べるとNHKのやっていることのトンチンカンさが目立つ。例えば、紅白は氷川きよしや水森かおりになぜか持ち歌ではない美空ひばり、山口百恵の歌を歌わせた。年忘れは氷川のヒット曲「箱根八里の半次郎」の「やだねったらやだね」、ご当地ソングの水森は「鳥取砂丘」。氷川が演歌NGというなら3年連続「限界突破」というチャレンジもあったはずだ。特別枠出場の細川たかしにはなぜか久々の「望郷じょんから」を最後まで歌わせず「北酒場」になってしまった。NHKは視聴者目線が欠けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”